BLOGブログ

Update|2017.03.08

【コラム】Google アナリティクス基礎研修~Google アナリティクス活用のための3原則

Google アナリティクス活用のための3原則(読了時間目安: 8分)

こちらのコラム「Google アナリティクス基礎研修」では講師の永井がGoogle アナリティクスの基礎について解説します。

本日は分析を始める前に必ず把握していただきたい「Google アナリティクス活用のための3原則」について解説いたします。

Google アナリティクス活用のための3原則とは

    1. ほぼすべてのレポートが「ディメンション」と「指標」の組み合わせである

    2. それぞれのデータには幅(スコープ)が定義されている(ヒット、セッション、ユーザー)

    3. ユーザーを分析するための軸を作り出すことができる

下記で詳しく説明してまいります。
 

1. ほぼすべてのレポートが「ディメンション」と「指標」の組み合わせである

下記はあるネットショップの地域別のレポートです。

指標とディメンション

分析のための項目名(地域など)数値データ(ユーザー数、直帰率など)からレポートが構成されています。

    – ディメンション: 分析のための項目名のこと

    – 指標(しひょう): 数値データのこと

当たり前に聞こえるかもしれませんが、Google アナリティクスはレポーティングツールです。
対象となる「ディメンション(分析のための項目名)」の「指標(数値データ)」から構成されています。

何が「指標」で、何が「ディメンション」かを意識して使用することが、欲しいデータが取れるようにカスタマイズしたり、意味のある分析軸を見つけ出すために必須となります。

ディメンションや指標を組み合わせることで下記のような分析が可能になります。

    – ランディングページ(ディメンション)と参照元(ディメンション)の効果的な組み合わせを見つける

    – 各ページ(ディメンション)の離脱(exit/ 指標)が多いページを見つける

指標とディメンションを意識してGoogle アナリティクスを活用しましょう。

2. それぞれのデータには幅(スコープ)が定義されている(ヒット、セッション、ユーザー)

第2の原則は「それぞれのデータには幅(スコープ)が定義されている」です。

実は指標とディメンションにはそれぞれ「幅(スコープ)」があります。

このデータの幅のことを「スコープ」といいます。

下記でスコープについて紹介します。
スコープ

ヒット

「ヒット」スコープとは、「ユーザーのアクション単位でのデータ」です。

例えば、「ページが閲覧されてページビューが発生する」、「ユーザーがバナーをクリックしてイベントが発生する」などはユーザーのアクションです。
 

セッション

「セッション」スコープは、「訪問単位」でのデータのことです。

例えば、「ランディングページAから500回閲覧が開始された」「検索エンジンからの流入が500回発生した」などは訪問(セッション)ベースのデータです。
 

ユーザー

「ユーザー」スコープはブラウザごとのデータです。
※Google アナリティクスは、ひとつのブラウザをひとりのユーザーを識別する仕組みになっています。

例えば、「50回訪問しているユーザーが今月は600いる」「ある企業から50ユーザーの訪問がある」というのはユーザー(ブラウザ)ベースでのデータです。
つまり、セッションをまたいでブラウザ単位で分析をしている数値を計測できます。
 

スコープとGoogle アナリティクスのデータ

指標とディメンションもそれぞれ下記の3種類に分けられます。
指標 ディメンションの例

スコープについて

第2原則のスコープを理解しGoogle アナリティクスを活用しましょう。

<スコープの関連リンク(グーグル社の公式ヘルプ)>
https://support.google.com/analytics/answer/2709828?hl=ja#scope
※Google アナリティクス公式のヘルプでは本コラムで紹介しているスコープに加え、「商品」スコープについて言及しています。

 

3. ユーザーを分析するための軸を作り出すことができる

最後の原則は「3. ユーザーを分析するための軸を作り出すことができる」です。
Google アナリティクスでは目的に合わせて様々な「分析軸」を作り出すことができます。
(ここまでご紹介したディメンションも分析軸の一つです。)

下記は、システムセグメントを使用した際の例として「コンバージョンが達成されたセッション」データと「シングルセッションユーザー」の動きを比較している例です。
セグメントの例

分析軸を作り出す機能

    – セカンダリディメンション (クロス集計)
    – システムセグメント
    – カスタムセグメント
    – カスタムレポート

それぞれの機能についてはまた今度お話いたします。

Google アナリティクスでは自由自在にこの分析軸の設定ができ、例えば、「見込客と常連客の動きの違い」「ブログを読んでから、後日、商品を購入しているユーザーの動き」なども定義することができます。

みなさんのウェブサイトにとって意味のある分析軸を作り出していただければと思います。

まとめ

本日は「Google アナリティクス活用のための3原則」についてお話ししました。
是非、サイト分析のためにお役立ていただければと思います。

弊社では定期的にGoogle アナリティクスに関するセミナーを行っておりますので、是非ご参加ください。
https://kan-net.doorkeeper.jp/events/upcoming

最後までお読み頂きありがとうございました。

このコラムの著者

永井 隆 (Certified Web Analyst/ 米国デジタルアナリティクスアソシエーション認定)

B2Bウェブマーケティングレシピ[SEO編]ダウンロード

B2Bウェブマーケティング成熟度診断チェックシートダウンロード

企業研修お申し込みはこちら

企業研修資料請求