BLOGブログ

Update|2018.04.26

ビジネス英語力とTOEICスコアを同時に上げる方法~忙しいウェブマーケターのためのスピード学習術

現代は様々な分野で英語が必要になってきていますよね。

海外とウェブマーケティングに関してやり取りをすることの多かった筆者は、それまで長い時間(1万時間以上)かけて英語を勉強したり、聞いたりしてきたのですがなかなか「自分は英語をつかえているなあ」と思うほどの英語力にはなりませんでした。(いまは「お!だいぶ聴けてるぞ!はなせてるぞ!」と思っています。)

そこで気づいたのですが、英語学習に関しておそらく人間は二通りに分けられます。
 

  1. ある程度英語に触れれば英語力が伸びる人
  2. 長時間英語に触れても英語が伸びない人

 
この記事は、特に「2」の長時間勉強してもなかなか英語力が身につかない方のために書いています。実際に筆者は「2」のタイプで、長時間勉強しても英語力が伸びない人です。これは、憶測ですが、大半の人は数ヶ月程度の海外留学や就労をしても満足のいく英語力が身についていないのではないでしょうか。
 
どのようにすればよいのか、最近今回紹介するような方法をつかってTOEIC900点を獲得し、なおかつ、仕事にもつかえる英語力が身についたと実感している筆者が、「リスニング編」、「リーティング編」、「ウェブマーケティング専門用語編」、「メール編」、「おすすめしない勉強法」に分けてご紹介します。
 

もくじ~英語力とTOEICスコアを同時に上げる

  • 1.リスニング編
  • 2.リーティング編
  • 3.ウェブマーケティング専門用語編
  • 4.メール編
  • 5.おすすめしない勉強法

 

1.リスニング編

リスニングのコツは何と言っても英語特有の音をいち早く覚えることです。

「音」といっても一通りではなく、リエゾンといわれる英語特有の音のつながりをきちんと聞けるようにならなければなりません。

ステップごとに手法をご紹介します。
 

・ステップ1. 一つひとつの発音の違いを聞き分ける(特に、L、R、子音・母音の区別)

まずは、一つひとつの英語の音を身に着けます。

特に「L」「R」を中心に、すべての子音を押さえるとこれまでと英語の聞こえ方が全く変わってきます。できれば、ネイティブの発音を真似して発音されると良いと思います。

下記のような、ネイティブによる発音をまとめているサイト(無料)がたくさんありますので、一音ずつ丁寧に聴いて発音を真似しましょう。
The sounds of English and the International Phonetic Alphabet
 

・ステップ2. 音のつながり(リエゾン/Linking)をマスターする

音を聞き分けることができるようになったら、次のステップです。
今度は、音のつながりを覚えていきます。

おそらく、このステップをマスターすることによりリスニング力が飛躍することが多いのです。

この学習により音の組み合わせによって、あなたが認識しているものと音が異なることに気づくはずです。YouTubeにたくさん動画がありますのであなたに合ったもので学習してください。

下記のように英語学習者向けの内容が多く、わかりやすいものが多いです。
また、YouTubeには英語字幕を表示する機能がある(動画による)のでもしわからない場合にもステップ・バイ・ステップで学習できます。
Connected Speech & Linking | American English Pronunciation (YouTube)
 

・ステップ3. 海外ドラマを観る/洋楽を聞く/ TEDトークなどを観る

あとは量になります。最初は日本語字幕でも問題ありません。
一度日本語字幕で見て、内容を理解した後に英語字幕で見ると効率的です。
NETFLIXは英語字幕のON/OFF機能ができるのでおすすめです。既出のように、YouTubeも動画により字幕機能が使用できます。
 

2.リーディング編

つづいてリーティング編です。
リーディングについては「大量の英語を短時間で理解し問題に適切に応える」という力が試されるため、TOEIC本番同様の対策をしたほうがビジネスにもテストにも好影響なようです。また、頭を英語に切り替える、英語で考えるという訓練も忘れないでください。
 

・対策1: 英語思考で単語対策(英英辞典、単語帳など)

英語の基礎をつくるためには、問題を英語で解いたり、英語で考える時間を確保することをおすすめします。

ポイントは頭の中で英語を日本語訳せずに、そのまま英語で考えるクセをつけることです。

頭の中で日本語訳する癖がついていると、テスト中理解のスピードが落ちますし、かなり疲れます。最初から英語だけで考える癖をつけられると感覚がついたときに一気に点数が伸びます。
ビジネス単語本(http://amzn.asia/9N3yeHj)
TOEIC単語リスト(https://www.vocabulary.com/lists/196080)
 

・対策2: 試験問題を解く

実際のテストにかなり近い問題集をご紹介します。新規のTOEICにも対応しています。
何より、TOEICテストや実際の英会話では疲れてからが勝負です。
粘り強い英語脳をつくることが実務でも重要なのではないでしょうか。
TOEIC模擬テスト(http://amzn.asia/g7aFoac)
 

・対策3: 英語の本を読む

リーティングもあとは量になります。業務関連や趣味の本が良いかと思います。
簡単なものでも、難しい本でも脳内で日本語訳せずに、英語だけで考えられると点数が飛躍的に伸びます。
 

3.ウェブマーケティング専門用語編

リスニング、リーティングの習得と同時にウェブマーケティングに関する専門用語の知識を英語で学んでいきましょう。

これに関しては、いくつか英語の学習素材を準備しました。
Google アナリティクスの基礎用語集~英語編
「クリック数」や「コンバージョン数」を英語に訳すと?

 

4.メール編

メールに関しては基本的な書き方を覚えれば驚くほどスラスラと掛けるようになります。
基礎的な表現を押さえましょう。

下記の記事が良いと思います。
ウェブマーケターのためのビジネス英語メール基本文例
 

5.おすすめしない勉強法

最後におすすめしない勉強法もご紹介します。
・脳内で日本語訳すること(思考スピードが落ちます)
・日本語の辞書や単語帳や教材を利用すること(思考スピードが落ちます)
・本などでわからない単語が出た時に逐一調べること(辛くなります)
※わからない単語は丸をつけて放って置くくらいで良いと思います。
・最初から字幕無しでドラマなどを観ること(辛くなります)
 

まとめ

特に英語脳に切り替えながらの勉強が上達に導くと思います。
英語で考える時間を増やしたり、リスニングのコツを習得するとおもったよりスピーディに英語力が伸びます。

 

グローバルウェブマーケティングご支援について

弊社ではグローバルウェブマーケティングを行っている企業様をご支援しております。
ウェブマーケティングに関するメールのやり取りトレーニングや、海外ベンダー様とのやり取りの代行をなどを行っております。詳しくはこちら↓をご覧ください。
>>グローバルウェブマーケティング支援のサービスについて

 

ブログ執筆

永井 隆 (株式会社KAN 所属)

永井 隆

Webサイトのデータ活用で経営ビジョンの達成をご支援!国外企業でのコンサルティング経験から、グルーバルな視野で各部門や国境を超えたWeb活用を実現します!

 

研修/講演実績

  • Google アナリティクス研修 (大手人材派遣、大手印刷会社、大手メディア運営会社/ 日本)
  • Google アナリティクス研修 (国立Singapore Management University/ シンガポール)
  • 「アクセス解析トレーニング」 (Web制作会社/フィリピン)
  • 「アクセス解析が事業にもたらすもの」 (タイ)  など

 

研修/講演実績

  • 「Google アナリティクス 3種類の導線分析方法」(KANブログ)
     ※GAフォーラム掲載
  • 「Google アナリティクス 計測しやすいペルソナの設計」(KANブログ)
  • アクセス解析の研修テキスト英訳 など
  •  

    保有資格

    • GAIQ Google アナリティクス個人資格 (グーグル株式会社)
    • Certified Web Analyst(米国 Digital Analytics Association)※日本人で3人目の取得
    • TOEIC 900点 (一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会)

     

    ★無料セミナーも定期的に開催中です。

    やさしく学ぶ「BtoBウェブ担当者のためのGoogle アナリティクス活用戦略」

     

    B2Bウェブマーケティングレシピ[SEO編]ダウンロード

    B2Bウェブマーケティングレシピ[営業連携編]

    企業研修お申し込みはこちら

    B2Bウェブマーケティング成熟度診断チェックシートダウンロード