BLOGブログ

Update|2016.08.17

なるほどWebフォントセミナー開催報告

8月17日にセミナー開催しました。

「なるほどWebフォントセミナー」

ここ数年でWebフォントの認知度があがり、普及していると思いますが、まだよく知らないウェブ解析士も多いので、企画しました。

ちょっと告知が弱かったのか、参加者は6名。。。。

 

でも、みなさん熱心でしたし、関口さんの軽快なお話は相変わらず。
関口さん
 

 

ウェブ解析士協会ではよく「Web解析の民主化」という言葉を使うのですが、

Webフォントにより「フォントの民主化」が起きているなと感じることがあります。

 

これまでは少し文字を変えたいだけでも画像でやっていたところは画像を作れる人に依頼する必要がありましたし、

良くも悪くもフォントに関して無頓着で入れたWeb担当者も多いのではないかと思います。

CMSの普及、レスポンシブWebデザインへの対応、Googleの進化などがあり、WEBサイトの更新をする人の幅が広がり、Webフォントが注目されています。

Webフォントにより今まで画像だったところを文字にすることで、更新性が高く、文字なのでコピーもしやすい、Alt設定も気にせずによくなり、SEOにも有利になり、多言語対応もしやすい(Google翻訳などで切り替え可能)。

そういったWebフォントの特徴・強みの話がありました。

 

また、実際にどうやってフォントを選定するのか、設定の仕方など実務的な話もあり、2時間盛りだくさんの内容で大変勉強になりました。

 

セミナー後の質問も参加者全員から質問が出て、みなさん関心を持っていただきやった甲斐がありました。

 

Webフォントって他の改善施策に比べると安い(Fontplusの一番下の価格帯は年間12,000円)ですし、

それによるメリット(労力が削減され、やれることが増え、集客力にもサイト最適化にも向いている)を考えると、

取り入れない理由がないなあと関口さんの話を聞いていて思います。

 

またどこかの機会でWebフォントのセミナーを開催したいと思います。

 

セミナーでご紹介した日本語webフォント「font plus」

 

B2Bウェブマーケティングレシピ[SEO編]ダウンロード

B2Bウェブマーケティング成熟度診断チェックシートダウンロード

企業研修お申し込みはこちら

企業研修資料請求