BLOGブログ

Update|2016.09.29

Webサイトの価値ランキングはご存知ですか?

Web解析はあらゆるデータに基づいてPDCAを回して改善を図りますが、ユーザーが自社のWebサイトをどう評価しているのか、知りたいと思ったことありませんか?
 
もちろん、自社Webサイトに訪問しているユーザーに聞いてみるのが一番なのですが、なかなかそれも難しいですよね。
 
トライベック・ブランド戦略研究所は、企業が運営するWebサイトがどれくらい事業活動に貢献しているのかを評価した「Webサイト価値ランキング」を毎年おこなっています。
 
では、「Webサイト価値」とはなんでしょうか?
 
we_model01
 
「Webサイト価値」とは、企業が運営するWebサイトがどれくらい事業活動に貢献しているのかを評価したもの。
 
「Webサイト価値」は、商品の販売促進への貢献度である「売上価値」と、企業や商品の認知度やイメージ、好感度などのブランド向上への貢献度である「情報価値」とを合算したものです。
 
単純にデザインの良し悪しで評価したものではありません。
 
では、「Webサイト価値ランキング」とはなんでしょうか?
 
「Webサイト価値ランキング」とは約2万人を対象としたアンケート調査をはじめ、会員登録数、メルマガ・お知らせの閲読、SNSのフォロー数、資料請求などを含めた調査から数値を算出し、「Webサイト価値ランキング」を決めています。
 
Webranking2
 
※トライベック・ブランド戦略研究所 Webサイト価値ランキング2015 総合
 
こうしたランキングを作成するのにあたり、ユーザーはどういった視点でWebサイトを見ているか、そして評価を決めているのかなど、「Webサイト価値ランキング作成の裏側」について、トライベック・ブランド戦略研究所の榛沢氏にお話していただく機会を作りました。
 
11/24(木)に「Webサイト価値ランキング作成の裏側」としてセミナーを開催いたします。
 
2時間ほどのセミナーになりますが、今後のウェブ解析に役立つ内容になると思います。
ぜひご参加ください。
 
※セミナー詳細・お申込みはこちら
 
企画運営部 / 上級ウェブ解析士
 

B2Bウェブマーケティングレシピ[SEO編]ダウンロード

B2Bウェブマーケティング成熟度診断チェックシートダウンロード

企業研修お申し込みはこちら

企業研修資料請求