INFORMATIONお知らせ

Update|2017.10.02

「データサイエンティスト塾」第二期開講が決定!
データサイエンティストの即戦力育成カリキュラム

datascientist_logo1

売上貢献のためのデータ分析を行う現役データサイエンティストが、即戦力となる人材を育成

近年、データ分析の専門家であるデータサイエンティストは世界規模で不足していると言われ、国内では文部科学省や総務省の推進によって教育機関での人材育成や、企業と連携した人材育成環境の構築など、データサイエンティスト育成の動きが活発になっています。

こうした動きの中、KANでは、ソフトバンク・テクノロジー株式会社の現役データサイエンティスト高橋威知郎氏を講師にむかえ、実践型データサイエンティスト育成カリキュラム「データサイエンティスト塾」を2017年春に第一期を開講し、今回第二期開講が決定いたしました。

初回オリエンテーション(無料)にご参加いただいた方には、講師著書「データサイエンティストの秘密ノート 35の失敗事例と克服法」を参考書籍としてプレゼントいたします。

興味はあるけど、いきなり申込するのは躊躇するかも・・・という方は、参加無料のオリエンテーションでぜひお試しください。

 

▼データサイエンティスト塾(詳細ページ)

 
 

データサイエンティスト塾 ポイント

  • 現役データサイエンティストの経験から学ぶ企業で活かせる実践的データ分析
  • 初歩から体系立てて学べる多くの方にわかりやすいカリキュラム
  • Pythonを使いながら分析を実践

press
 

実践型データサイエンティスト育成カリキュラム「データサイエンティスト塾」について

データサイエンティスト塾では、企業に従事している講師自身の経験とノウハウをもとに、企業で即戦力となるデータサイエンティストを育成します。具体的には、統計学の知識やITを駆使したデータ処理といったスキルだけでなく、実例を用いビジネスニーズに基づいた「実行可能な」形にデータを落とし込める実践的なデータ分析を初歩から体系立てて学ぶことができます。

そのため、すでにデータサイエンティストとして働いている方も含め、経営者、マーケティング担当者、データ分析担当、これからデータサイエンティストを目指す方など、多くの方に分かりやすいカリキュラムとなっています。

また、「学校やセミナーで学んだデータ分析を実務にどう使うかが分からない」、「データサイエンティストの企業での働き方が分からない」といったご相談が講師にくることもあり、そのため、講師やアシスタントとして参加するSBTの新人データサイエンティスト達と、これからデータサイエンティストとして活躍していきたいと考えている方達との交流といったカリキュラムも予定しています。

 

セミナー目的

  • 実務で即戦力になるデータサイエンティストの育成
  • データサイエンティストの分析結果に対して、「実行可能な」形に落とし込める人材、話が通じる人材の育成

 

【第一期】受講者インタビュー

飯島 俊輔さん(東京電機大学大学院)

第一期生としてデータサイエンティスト塾に参加された飯島さんに、受講動機や受講後の感想などをお伺いいたしました。

-データサイエンティスト塾を受講しようと思ったきっかけを教えてください。

飯島氏 もともと研究活動で、得られたデータから何が言えるか第三者に説明することを要求されていて、検定を用いて分析を行う機会は何度かありましたが、それが正しい分析であるか自信が持てないこともありました。

ですが、一人で勉強するには難しさを感じ、かといって研究室内に詳しく教えてくれる学生、先生もいなかったので、現場のプロに指導いただけるのはとても貴重な体験で為になりました。

>>>インタビューの続きを読む

 

▼データサイエンティスト塾(詳細ページ)

 

 
 

B2Bウェブマーケティングレシピ[SEO編]ダウンロード

B2Bウェブマーケティング成熟度診断チェックシートダウンロード

企業研修お申し込みはこちら

企業研修資料請求