本文へ移動

Office 365 日記

Microsoft Teams ショートカットキー使ってますか?

2019-03-13
カテゴリ:Microsoft Teams

Microsoft Teams の改行に関する記事はこちら

www.kan.co.jp/publics/index/150/detail=1/b_id=808/r_id=413


チャットの文章を入力中、まだ途中なのについEnterキーを押して改行しようとして
誤って送信してしまったことはありませんか? そのような方におススメの記事です。

Microsoft Teams は改行など、いくつかのショートカットキーが設けられています。
しかし、どんなショートカットキーがあるか分からない人も多くいそうですね。

そんな方のために Microsoft Teams は親切です。

Microsoft Teams 画面の右上の表示されている自分のプロフィール画像をクリックして表示されるメニューから「キーボードショートカット」をクリックすると、 Microsoft Teams で使用できるショートカットの一覧を見ることが出来ます。
office 365 teams
ショートカットキーは以下の項目に分けて用意されています。
 
  • 「一般」⇒ Microsoft Teams の全体的な操作
  • 「ナビゲーション」⇒左にあるナビゲーションメニューの操作
  • 「メッセージング」⇒スレッドへの投稿や返信に対する操作
  • 「会議と通話」⇒ Microsoft Teams 会議での操作

キーボードから手を放したくない人も納得のラインナップですね☆

全て覚えて使用するのはなかなか大変かと思いますが、
いくつか覚えておくと、 Microsoft Teams で作業するときに、少し便利に利用できるかもしれません。
office 365 teams
■Shift+enter
本文で改行ができます。
改行はよく使いますので、覚えておくとかなり便利です。


 
■Ctrl+E
検索ボックスに移動します。

埋もれてしまったスレッドを検索したり、メンバーを探したり、コマンドを入力したり何気によく使う検索ボックスですが、【Ctrl+E】で移動することが出来ます。


■Ctrl+Shift+1~5
Microsoft Teams 画面の左に並んでいる各メニューを開くことが出来ます。

Ctrl+Shift+1:最新情報のアクティビティを開きます。
Ctrl+Shift+2:チャットを開きます。
Ctrl+Shift+3:チームを開きます。
Ctrl+Shift+4:会議を開きます。
Ctrl+Shift+5:ファイルを開きます。
 

■CとR
スレッドへの投稿に使用できるショートカットキーです。

C:新規投稿のメッセージボックスに移動します。
R:現在表示しているスレッドへの返信欄に移動します。

ついでに【Ctrl+Shift+X】でメッセージボックスを拡張できます。

入力中にEnterキーを押して、うっかり送信してしまいがちな方はぜひメッセージボックスの拡張も試してしてみてください。Enterキーが改行モードに変わります!

ショートカットキーを使うってちょっとしたことですが、操作や入力がスムーズになったりして良いですよね。

今回紹介したものはほんの一部ですので、ショートカットキーの一覧を参照して、いろいろなショートカットキーを試してみてください。
 

Microsoft Teams の改行に関する記事はこちら

www.kan.co.jp/publics/index/150/detail=1/b_id=808/r_id=413

チャットの文章を入力中、まだ途中なのについEnterキーを押して改行しようとして
誤って送信してしまったことはありませんか? そのような方におススメの記事です。


執筆者:
田口 悠一朗 / プロダクトイノベーションチーム

Microsoft Teams をはじめ、各 Office 365 アプリケーションの使い方マニュアル作成を大手企業を中心に行い、各企業に合った使い方を細かくヒアリングし、常に使用者目線での作成を心がけている。

 
 
 
関連記事
TOPへ戻る