本文へ移動

Webマーケティングブログ

英語で行うGoogle アナリティクス研修

2017-05-05
カテゴリ:Googleアナリティクス,英語で学ぶWebマーケティング
KANでは英語でもGoogle アナリティクス研修を開催しています。
どういった研修内容なのかご紹介いたします。(読了時間目安: 2分)
 
 
もくじ
  1. 英語でも開催可能なGoogle アナリティクス研修
  2. 研修ラインナップ: 基礎から応用まで
  3. 講師は実務者
  4. 最重要!Webマーケティングの「設計」について言及
1. 英語でも開催可能なGoogle アナリティクス研修

KANのGoogle アナリティクス研修は日本語と英語どちらでも開催することが可能です。

東南アジアで200名以上にWebマーケティングの教育をしたスタッフが講師を担当いたします。

 
 
2. 研修ラインナップ: 基礎から応用まで

基礎から応用までご要望に応じて様々な研修がございます。
英語で行うGoogle アナリティクス研修
a. Webマーケティング基礎
Webマーケティングの考え方と全体像を学ぶ研修です。
Google アナリティクスで分析した結果をビジネスに活かすためにはWebマーケティングの全体感を学ぶことが重要です。

 
b. Google アナリティクス基礎
Google アナリティクスの仕組みや、基本的な使い方をお教えします。
原則から学ぶことで、応用のための基礎づくりをいたします。

 
c. Google アナリティクス実践
ご希望のWebサイトのデータを分析しながらワークショップ形式で行う内容です。

実際にWebサイトを分析していただきながら進行します。
講座中にWebサイトの課題感や、Webマーケティング施策をご提案することも可能です。
 
 
3. 講師は実務者

講師は現役のコンサルタントで、クライアント様のWebマーケティグの分析や助言を行っております。

英語圏での実務経験も豊富で、Google アナリティクスのスキルは勿論、英語圏特有の問題についても知見があります。

 
 
4. 最重要!Webマーケティングの「設計」について言及

 
英語で行うGoogle アナリティクス研修
WebマーケティングではGoogle アナリティクスでの分析も重要ですが、ターゲットユーザーの情報を得るための「仕掛けづくり」が非常に重要です。
 
例えば、B2Bビジネスにおいては「企業」「担当者名」「担当者のポジション」「興味のある事柄」などを拾い集めることが、見込み度の判別につながります。
 
Google アナリティクスのデータからマーケティングに活用できるデータを抽出するための仕掛けづくりがWebマーケティングの「設計」です。
 
Google アナリティクス研修では講師が実経験に基づき、Webマーケティングの設計について助言をいたします。

 
お問い合わせについて

英語版のGoogle アナリティクス講座にご興味のある方は是非お問い合わせください。資料をお送りいたします。
 
 
TOPへ戻る