本文へ移動

Webマーケティングブログ

Google アナリティクス基礎~最重要!「スコープ」の組み合わせと例外①

2017-06-10
カテゴリ:Googleアナリティクス
Google アナリティクスデータの根幹となる「スコープ」について説明します。
 
 
最重要! 「スコープ(ヒット/セッション/ユーザー)」の組み合わせと例外について

  1. Google アナリティクスのデータは2種類
  2. 指標とディメンションには「スコープ」が定義されている
  3. スコープの組み合わせ
  4. 組み合わせの例外
  5. 検証方法
     
 
1. Google アナリティクスのデータは2種類

Google アナリティクスのレポートを開くと、データがたくさん出てきます。
Google アナリティクス基礎
 
Google アナリティクスのデータで大切なことは、データには大きく「2種類」しかないということです。Google アナリティクスデータは指標(数値データ)とディメンション(分析軸)に分かれます。まずはここを押さえましょう。
Google アナリティクス基礎
 
2. 指標とディメンションには「スコープ」が定義されている

「分析をはじめる前に把握するGoogle アナリティクスの3原則」にも説明がありますが、指標とディメンションにはそれぞれ「スコープ」が設定されています。
 
スコープは「ヒット」、「セッション」、「ユーザー」の3種類(正式には、「商品」スコープも入れて4種類)あります。指標とディメンションにはそれぞれに「ヒット」、「セッション」、「ユーザー」の3種類のスコープが定義されています。代表的なものは下図から押さえましょう。
Google アナリティクス基礎
 
3. スコープの組み合わせ

ここからが本題ですが、Google アナリティクスでウェブサイトの分析をしていると、デフォルトのレポートだけでなく、カスタムレポートやカスタムセグメントを使用する機会が出てきます。その際に大切になってくるのがスコープの組み合わせです。
 
カスタムレポートやカスタムセグメントを使用している際に「このデータで本当にあっているのか?」という違和感を持ったことはありませんか?その違和感は、数値が実際とは異なっているからかもしれません。スコープの組み合わせが間違っていると、おかしなデータが表示されるのです。(エラーなどを表示してくれればよいのですが。)
Google アナリティクス基礎
基本的なスコープの組み合わせのルールは「まぜるな危険」です。
つまり、異なったスコープ同士を組み合わせてしまうと数値がおかしくなるので、まずは、スコープが同じ指標とディメンションを組み合わせましょう。特に、「ヒット」スコープと「セッション」スコープを組みわせると間違いが多いようです。
 
 
よくあるヒットスコープとセッションスコープの間違った組み合わせ
 
  • ページ(ヒット/ディメンション)と目標の完了数(セッション/指標)
  • ページ(ヒット/ディメンション)とセッション(セッション/指標)
  • ページ(ヒット/ディメンション)と参照元(セッション/ディメンション) 
など
 
次回、「Google アナリティクス基礎~最重要!「スコープ」の組み合わせと例外 ②」として、続きをご紹介いたします。
 
TOPへ戻る