本文へ移動

Webマーケティングブログ

ターゲット企業名を可視化!Google Data Studioでのターゲティングバブルチャート ①

2018-04-05
カテゴリ:Googleアナリティクス
B2BでのGoogle アナリティクス活用に便利な企業名可視化の方法をご紹介します。

今回は、Google Data Studioを使用して、どの企業がサイトに訪れてどれくらいじっくりとサイトに滞在しているのかを可視化します。

これにより、自社のビジネスに興味のありそうな企業をひと目で把握できます。

 

下記のようなレポート(「ターゲティングバブルチャート」)を作成していきます。
※「.co.jp」の前には企業名が入るのでマスクをしています。
Google Data Studio
分析項目はどうするか?

今回は、Google アナリティクスに最初から入っている項目である下記を使用します。

ネットワークドメインでの企業名分析の事例はよくインターネット上でも紹介されています。

これにより簡易的に各企業の訪問回数と滞在時間を分析します。
Google Data Studio
それでは、レポート作成手順は次回「ターゲット企業名を可視化!Google Data Studioでのターゲティングバブルチャート ②」でご説明いたします。
 
 
成果につなげるためのWebマーケティングでは、この記事で学んだことに加え、データを元にしたPDCAサイクルの運用が不可欠です。
弊社ではアクセス解析(Web解析)を軸にしたWebマーケティングの支援を行っております。
 
 
 

Googleアナリティクス(GA)導入・設定支援、レポート作成(レポーティング)、Google タグマネージャー(Google Tag Manager・GTM)の設定・実装が可能です。Adobe Analytics(AA)での分析支援も実施しています。
お問合せいただければヒアリングを致します。
 
 
 


 
「Webデータを適切に活用できる組織をふやす」ことをミッションに活動するアクセス解析コンサルタント。インドとシンガポールでデジタルマーケティングを展開した経験をもつ。講演やブログ執筆も行なう。
 
<コンサルティング実績>
・Adobe AnalyticsからGoogle アナリティクスへの設定内容移植
・アクセス解析レポーティング
・サイトKPI設定支援 など

<登壇実績>
・Google アナリティクス研修 (印刷会社、メディア運営会社など)
・Adobe Analytics研修 (人材会社)
・Google アナリティクス研修 (Singapore Management University / シンガポール)
・アクセス解析トレーニング (Web制作会社 / フィリピン)
・アクセス解析が事業にもたらすもの(タイ)
・英語で学ぶウェブマーケティング講座 (株式会社KAN) など

<保有資格>
・Google アナリティクス 個人資格(Google)
・TOEIC900点
・Certified Web Analyst (Digital Analytics Association)

<YouTube動画 やさしく学ぶ Google アナリティクスの見方・使い方>
【Vol.1】分析の3ポイント
【Vol.2】集客分析ではターゲットユーザーの来訪を確認
【Vol.3】キーワード分析ではユーザーニーズの状態に着目する
 


 
関連記事

 
TOPへ戻る