本文へ移動

Webマーケティングブログ

離脱率の英語訳は「Exit Rate」

2018-05-01
カテゴリ:英語で学ぶWebマーケティング
離脱率
アクセス解析でよく使用する用語「離脱率」ですが英語訳は”Exit Rate”です。
 
 
“Abandonment Rate(破棄率) “という訳もネット上に散見されますが、”Abandonment Rate”を使用する場合には、“Cart Abandonment Rate(カート破棄率)”のように、特定の用法が中心のようです。(試しにGoogleで”Abandonment Rate”をウェブ検索してもカート破棄率の用例が多く検索されます。)
 

各ページの離脱率に言及したい場合には、シンプルに”Exit Rate”を使用しましょう。
 
 
 
あなたに読んでいただきたい記事

  • 英語での正しいアクセス解析用語について:
 
  • そもそも「離脱率」の意味について:
「離脱率」とは?~間違えやすいGoogle アナリティクス用語


 
成果につなげるためのWebマーケティングでは、この記事で学んだことに加え、データを元にしたPDCAサイクルの運用が不可欠です。
弊社ではアクセス解析(Web解析)を軸にしたWebマーケティングの支援を行っております。
 
 
 

Googleアナリティクス(GA)導入・設定支援、レポート作成(レポーティング)、Google タグマネージャー(Google Tag Manager・GTM)の設定・実装が可能です。Adobe Analytics(AA)での分析支援も実施しています。
お問合せいただければヒアリングを致します。





 
「Webデータを適切に活用できる組織をふやす」ことをミッションに活動するアクセス解析コンサルタント。インドとシンガポールでデジタルマーケティングを展開した経験をもつ。講演やブログ執筆も行なう。
 
<コンサルティング実績>
・Adobe AnalyticsからGoogle アナリティクスへの設定内容移植
・アクセス解析レポーティング
・サイトKPI設定支援 など
 
<登壇実績>
・Google アナリティクス研修 (印刷会社、メディア運営会社など)
・Adobe Analytics研修 (人材会社)
・Google アナリティクス研修 (Singapore Management University / シンガポール)
・アクセス解析トレーニング (Web制作会社 / フィリピン)
・アクセス解析が事業にもたらすもの(タイ)
・英語で学ぶウェブマーケティング講座 (株式会社KAN) など
 
<保有資格>
・Google アナリティクス 個人資格(Google)
・TOEIC900点
・Certified Web Analyst (Digital Analytics Association)
 


関連記事

 
TOPへ戻る