本文へ移動

社員のリテラシーを上げるためのワークショップ

ワークショップの方向性

ツールの単純な操作説明に留まらないリテラシー教育・利活用指南

「働き方改革の一部にシステムの刷新がある」
個社ごとのITポリシーや使用目的などを踏襲したカリキュラム
 
働き方シーンをベースにワーキンググループで決めた内容を軸にカリキュラム及びマニュアル作成し社員教育に落とし込みます。
リテラシーワークショップ
 
 

例:会社が組織の風土改革を実行するときの柱

会社が組織の再編、再構築、再設計などの風土改革を実行するときにはハードとソフトの大きな2つの柱があり、システムによって実現できるのは主にハード面になる。そのため、ソフト面を支える現場の雰囲気作りや教育がポイントとなる。
 
参加者に対しての前提知識の教育を行います。
リテラシーワークショップ
 
 

ワークショップ アジェンダ Day1

リテラシーワークショップ
社内において目指すコミュニケーションゴールとのFIT&GAP
 
 
課題の抽出
各部門ごとに「できていること」「できていないこと」を抽出します。
 
 
 
 

ワークショップ アジェンダ Day2

リテラシーワークショップ
解決方法を探す
 
 
各ツールの役割を改めて説明・理解した上で解決方法を検討
 
 
 

ワークショップ アジェンダ Day3

リテラシーワークショップ
働き方シーンを定義する
 
 
各ツールの役割を改めて説明・理解した上で解決方法を検討
 
 
 

価格

150万~(1開催20名まで)
※開催数・人数により変動いたします。
 
 

まずはお問い合わせください。

 お問い合わせはこちら
貴社の利用シーンをヒアリングし、最適な活用方法、教育支援をご提案いたします。
まずはお問い合わせください。
TOPへ戻る