本文へ移動

Office 365 日記

Microsoft Teamsで改行などのショートカットキー使ってますか?

2019-03-13
カテゴリ:Microsoft Teams
Microsoft Teamsは改行など、いくつかのショートカットキーが設けられています。
しかし、どんなショートカットキーがあるか分からない人も多くいそうですね。

そんな方のためにMicrosoft Teamsは親切です。

Microsoft Teams画面の右上の表示されている自分のプロフィール画像をクリックして表示されるメニューから「キーボードショートカット」をクリックすると、Microsoft Teamsで使用できるショートカットの一覧を見ることが出来ます。
office 365 teams
ショートカットキーは以下の項目に分けて用意されています。
 
  • 「一般」⇒Microsoft Teamsの全体的な操作
  • 「ナビゲーション」⇒左にあるナビゲーションメニューの操作
  • 「メッセージング」⇒スレッドへの投稿や返信に対する操作
  • 「会議と通話」⇒Microsoft Teams会議での操作

キーボードから手を放したくない人も納得のラインナップですね☆

全て覚えて使用するのはなかなか大変かと思いますが、
いくつか覚えておくと、Microsoft Teamsで作業するときに、少し便利に利用できるかもしれません。
office 365 teams
■Shift+enter
本文で改行ができます。
改行はよく使いますので、覚えておくとかなり便利です。


 
■Ctrl+E
検索ボックスに移動します。

埋もれてしまったスレッドを検索したり、メンバーを探したり、コマンドを入力したり何気によく使う検索ボックスですが、【Ctrl+E】で移動することが出来ます。


■Ctrl+Shift+1~5
Microsoft Teams画面の左に並んでいる各メニューを開くことが出来ます。

Ctrl+Shift+1:最新情報のアクティビティを開きます。
Ctrl+Shift+2:チャットを開きます。
Ctrl+Shift+3:チームを開きます。
Ctrl+Shift+4:会議を開きます。
Ctrl+Shift+5:ファイルを開きます。
 

■CとR
スレッドへの投稿に使用できるショートカットキーです。

C:新規投稿のメッセージボックスに移動します。
R:現在表示しているスレッドへの返信欄に移動します。

ついでに【Ctrl+Shift+X】でメッセージボックスを拡張できます。

入力中にEnterキーを押して、うっかり送信してしまいがちな方はぜひメッセージボックスの拡張も試してしてみてください。Enterキーが改行モードに変わります!

ショートカットキーを使うってちょっとしたことですが、操作や入力がスムーズになったりして良いですよね。

今回紹介したものはほんの一部ですので、ショートカットキーの一覧を参照して、いろいろなショートカットキーを試してみてください。
 

次回はMicrosoft Teams内に溢れる情報を漏らさずにチェックする方法をご紹介します。


 
執筆者:田口 悠一朗 (株式会社KAN / 企画運営部)

Microsoft Teamsをはじめ、各Office 365アプリケーションの使い方マニュアル作成を大手企業を中心に行い、各企業に合った使い方を細かくヒアリングし、常に使用者目線での作成を心がけている。
食べ歩きと焼酎が好き。


 
Microsoft Teams 資料 無料ダウンロード
  • Microsoft Teamsを導入したい
  • Microsoft Teamsを導入したが活用しきれていない
  • 名前くらいは知っているけど、どういうものかイマイチわかっていない

など、Microsoft Teamsを知りたい企業様向けに、無料資料をダウンロードできます。

 



Office 365 ツールトレーニング/研修
 
 

 
ナレッジマニュアル for Office 365
1ユーザー100円から。 ナレッジマニュアルは、 Microsoft Office 365 の操作方法だけでなく、Office 365を活用した働き方改革、コミュニケーション改革を推進する企業様の導入・運用時の課題を解決が可能な教育コンテンツです。
 
ITリテラシーレベルが異なるユーザーのシステムへの苦手意識を緩和し、システム管理者のマニュアル作成・クラウドシステムのアップデートにおけるシステム管理部門の更新の負担を軽減します。
 
常に最新の Office 365 ユーザーマニュアルを利用することで、システム導入の効果を最大限に発揮することができます。
 
◎詳細はこちらをご覧ください。

 
 
 
 
お問い合わせ

ご要望に合わせたクラウド導入を実現するためヒアリングも行っております。
Microsoft TeamsをはじめとしたOffice 365の研修やマニュアル作成などはお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
 
 
関連記事

TOPへ戻る