本文へ移動

ビジネスベーシックスタジオ - 仕事のキホン

ビジネスベーシックスタジオ - 仕事のキホン -とは?

Microsoft Teams を活用し、実際のビジネスシーンに合わせた研修をオンラインで受講ができるサービスです。
従来型の「講義中心の研修」や「録画された動画をeラーニングとして視聴する」というスタイルではなく、講師と双方向にやり取りをすることで、 Teams の使い方やコミュニケーションの取り方を実践的に学ぶことができます。
実際に習得したスキルを確かめるための実技試験もあります。
 
ビジネスベーシックスタジオ

カリキュラムの組み合わせは自由

研修内容は60~90分を1コマとして自由に組み合わせができるため、参加者それぞれの業務スケジュールに合わせ、都合の良い時間に、必要なスキルを修得することが可能です。
 
定期開催の汎用的な研修はもちろん、個社ごとのカスタマイズ研修、ご希望に合わせた動画やオリジナルマニュアルも提供可能です※1
ツール
タイトル
概要
時間
費用
※実技試験・修了証込み
Teams
Teamsのキホン
基本操作
60
5,000
Teams
Teamsのキホン(補習)
基本操作(動画)
60
3,000
Teams
Teamsのキホン(オリジナル)
カスタマイズ相談
60
17,000
Teams
ファイル共有のキホン
基本操作+OneDrive
90
7,000
Teams
メモのキホン
基本操作+OneNote
90
7,000
Teams
タスク管理のキホン
基本操作+Planner
90
7,000
Teams
オンライン営業のキホン
オンラインでの営業活動の心構え
90
7,000
Teams
コミュニケーションのキホン
オンラインのコミュニケーションで気をつけること
90
10,000
Teams
準備のキホン
効率的な会議の準備
90
10,000
Teams
ファシリテーションのキホン
(会議:報告形式)
会議のファシリテーション
90
10,000
Teams
自分の仕事のキホン
仕事の整理
90
10,000
Teams
デジタル化のキホン
仕事の効率化&デジタル化
90
10,000

サービス概要

  • 提供方法: Microsoft Teams のオンライン会議形式で実施
  • 研修内容:「 Teams の基本操作」「オンラインコミュニケーションの基本」「会議のファシリテーション」など15タイトル※2を自由に組み合わせ可能
  • 提供価格:1名 4,000 ~ 9,000円(税別) / 1コマあたり
  • 実技試験・終了証: 1名 1,000円(税別) / 1コマあたり
 
※1 カスタマイズ研修や動画、オリジナルマニュアルについては別途お見積りでの対応となります。
※2 コンテンツは随時追加予定です。

企業向け定額受け放題プラン

社員数
総額
定価
10
1,180,000
1,000,000
50
6,400,000
4,400,000
100
12,800,000
7,000,000

ビジネスベーシックスタジオ スケジュール

Teamsのキホン 基本操作編
Teamsでオンラインコミュニケーション
開催日時
・8/06(木)15:00~16:00 終了しました。
・8/18(木)15:00~16:30 終了しました。
・8/20(木)15:00~16:00 終了しました。
・9/01(火)15:00~16:30 終了しました。
・8/27(木)15:00~16:00 終了しました。
・9/08(火)15:00~16:30 終了しました。
・9/03(木)15:00~16:00 終了しました
・9/10(木)15:00~16:00 終了しました。
研修内容
1.Teams のメリット
2.Teams でどんなことができるか
3.Teams 専門用語の説明
4.チャットの種類
5.実際に操作してみましょう①
  ・チームに参加
  ・投稿を閲覧・編集
6.実際に操作してみましょう②
  ・チャット各種
  ・オンライン会議(音声・ビデオ)
  ・チャネル作成
  ・チーム、チャネルの表示/非表示
1.オンラインコミュニケーションの基本
 ・コミュニケーションの問題・課題
 ・コミュニケーションとは
 ・ノンバーバルスキル(非言語メッセージの活用)
 ・オンラインコミュニケーションの課題①
 ・オンラインコミュニケーションの種類
2.テキストコミュニケーション
 ・コミュニケーション方法による違い
 ・情報処理の粒度の違い
 ・オンラインコミュニケーションの課題②
 ・テキストコミュニケーション(チャット)のポイント
 ・いいづらいことを伝える技術
3.音声コミュニケーション
 ・コミュニケーション方法による違い
 ・認知と再認記憶
 ・「送り手」 と 「受け手」とのギャップを理解する
 ・音声コミュニケーションのポイント 
4.ビデオコミュニケーション
 ・コミュニケーション方法による違い
 ・オンラインコミュニケーションの課題③
 ・ビデオコミュニケーションのポイント
5.まとめ
 ・コミュニケーションツールの使い分け
 ・オンラインコミュニケーションのポイント

日本マイクロソフト株式会社様からのエンドースメント

日本マイクロソフト株式会社様より、「ビジネスベーシックスタジオ」についてエンドースメントを頂いております。
//www.kan.co.jp/publics/index/38/detail=1/b_id=170/r_id=189#block170-189


 

ビジネスベーシックスタジオ - 仕事のキホン - お問い合わせ

ビジネスベーシックスタジオ
TOPへ戻る