本文へ移動

Webマーケティングブログ

クリック数やコンバージョン数を英語に訳すと?~英語でつかえるWebマーケティングの用語

2017-05-28
カテゴリ:英語で学ぶWebマーケティング
英語でつかえるWebマーケティングの用語について解説します。
今回は少し趣向を変えて、数値の「数え方」に着目します。

 
 
「クリック数」や「コンバージョン数」をなんて訳す?

Webマーケティングの用語でよく登場する用語にクリック数やセッション数があります。
(こうした、数値データのことをWebマーケティングでは「指標(metrics)」と呼びます。)
皆さんはこうした数値をどう翻訳しますか?
英語でつかえるWebマーケティングの用語
よくある間違い
  • クリック数→ Click Count
  • コンバージョン数→ Conversion Count

「クリック数」の「数(Count)」の部分を訳したくなってしまいますよね。
伝わらないことはないのですが、Click Countという表現は不自然に聞こえますし、一般的ではありません。

 
 
語尾に「s」をつければ伝わる

正しくは語尾に「s」をつければ良く、単位を訳す必要はありません。
例えば下記のようになります。
正しい数え方
  • クリック数→ Clicks
  • コンバージョン数→ Conversions
 
 
Webマーケティングに出てくる数値の「数え方」一覧

一覧を用意したのでチェックしましょう。
 
数値の「数え方」一覧
  • ページビュー数→ Pageviews
  • セッション数→ Sessions
  • 表示回数(インプレッション数)→ Impressions
  • クリック数→ Clicks
  • ユーザー数→ Users
  • 新規ユーザー数→ New Users
  • 直帰数→ Bounces
  • 離脱数→ Exits
  • コンバージョン数→ Conversions
  • ページ/ セッション→ Pages/Session

 
大好評 「英語版 Webマーケティング用語20 ダウンロード」

「英語版 Webマーケティング用語20 ダウンロード」も大変好評です。
無料にてダウンロードできますのでどうぞご活用ください。
 
>>無料ダウンロードはこちらから
 
英語でつかえるWebマーケティングの用語
 
成果につなげるためのWebマーケティングでは、この記事で学んだことに加え、データを元にしたPDCAサイクルの運用が不可欠です。
弊社ではアクセス解析(Web解析)を軸にしたWebマーケティングの支援を行っております。
 
 
 

Googleアナリティクス(GA)導入・設定支援、レポート作成(レポーティング)、Google タグマネージャー(Google Tag Manager・GTM)の設定・実装が可能です。Adobe Analytics(AA)での分析支援も実施しています。
お問合せいただければヒアリングを致します。





 
「Webデータを適切に活用できる組織をふやす」ことをミッションに活動するアクセス解析コンサルタント。インドとシンガポールでデジタルマーケティングを展開した経験をもつ。講演やブログ執筆も行なう。
 
<コンサルティング実績>
・Adobe AnalyticsからGoogle アナリティクスへの設定内容移植
・アクセス解析レポーティング
・サイトKPI設定支援 など

<登壇実績>
・Google アナリティクス研修 (印刷会社、メディア運営会社など)
・Adobe Analytics研修 (人材会社)
・Google アナリティクス研修 (Singapore Management University / シンガポール)
・アクセス解析トレーニング (Web制作会社 / フィリピン)
・アクセス解析が事業にもたらすもの(タイ)
・英語で学ぶウェブマーケティング講座 (株式会社KAN) など

<保有資格>
・Google アナリティクス 個人資格(Google)
・TOEIC900点
・Certified Web Analyst (Digital Analytics Association)


関連記事

 
TOPへ戻る