本文へ移動

Office 365 日記

Teams スケジュールアシスタント機能で簡単会議設定

2020-10-22
カテゴリ:Office 365,Microsoft Teams
複数人での会議の設定を Microsoft Teams から行うとき、Outlook のスケジュールで他の方の空き状況を見ながら設定してたりしませんか。 

Outlookのスケジュールを見ずに、Teamsだけで簡単に設定できる、便利な「スケジュールアシスタント」機能をご紹介します。
【ステップ1】予定表を表示し、「新しい会議」ボタンをクリック

 ①左のアプリバーの「予定表」をクリックします。
 ②表示された「予定表」画面の右上にある「新しい会議」をクリックします。
予定表を表示し、「新しい会議」をクリック
【ステップ2】会議の参加を依頼したいメンバーをセット

 ③会議に招集したいメンバーをセットします。
  本文エリアに、アジェンダを記載しておくと、参加者の方も会議に臨みやすくなります。
 ④「スケジュールアシスタント」ボタンをクリックします。

スケジュールアシスタントボタンをクリック
ステップ3】スケジュールが空いている箇所を選択

 ⑤の白丸の部分をドラッグして、スケジュールが空いている箇所を選択します。
 ⑥選択ができたら、最後に右上の「送信」ボタンをクリックし、会議の設定は完了です。

 
スケジュールアシスタント画面
以上、このように3ステップで簡単にTeams内で会議の設定が完結でき、Outlookとの併用の時間を短縮できます。 是非、試してみてください。
 

執筆者:嵯峨
 宗忠

働き方改革に向けたツールの利活用など、企業向けコンサル研修講師を主に担当。
 
 


従来型の「講義中心の研修」や「録画された動画をeラーニングとして視聴する」というスタイルではなく、講師と双方向にやり取りをすることで、 Teams の使い方やコミュニケーションの取り方を実践的に学ぶことができます。

 
 
TOPへ戻る