本文へ移動

Microsoft Teams 会議に参加する方法

Teams会議に外部ユーザーとして参加する方法を2つご紹介します。
(Teamsアプリをインストールしていない/Microsoftのアカウントを持っていない場合を想定)
 
 
Teamsアプリをインストールしていない/Microsoftのアカウントを持っていない場合、
 PCから参加する方法が簡単です。
アカウントにログインした状態で参加するとユーザー名が表示されます。
他の参加者にユーザー名の開示を希望しない場合は、表示名を変更することで対応ができます。

 

1.パソコンから参加する

パソコン(PC)からブラウザでTeams会議に参加する場合は、事前のアプリケーションのインストールやMicrosoftのアカウント登録は不要です。
※Teams会議の機能に一部制限があり、例えば、自分の映像の背景の設定はできません。


 
①会議通知やメールに記載されたリンクをクリックします
 
Microsoft Teams オンライン面接
(ブラウザが起動します)
②「Microsoft Teams を開きますか?」には「キャンセル」をクリックします
③続いて、「このブラウザで続ける」をクリックします
Microsoft Teams オンライン面接
 
 
④マイクとカメラの使用は「許可」をクリックします
Microsoft Teams オンライン面接

 

 

 (会議参加の準備画面になります)

⑤名前を入力します。※会議中の表示名となります

⑥カメラとマイクのON/OFFを設定します

⑦「今すぐ参加」をクリックします
Microsoft Teams オンライン面接
 
 
⑧待機画面になります(主催者からの参加許可待ち)
※主催者の設定によって待機状態にならず、直接会議に参加する場合もあります

 

Microsoft Teams オンライン面接

 

 

⑨会議に参加します

Microsoft Teams オンライン面接
 
 
⑩会議終了時や退席する場合は、受話器マークをクリックします

 

Microsoft Teams オンライン面接

 

 

 

※アイコンについて

Microsoft Teams オンライン面接

2.スマートフォンから参加する

事前に、Teamsアプリのインストールが必要です

 
①会議通知やメールに記載されたリンクをクリックします
 
Microsoft Teams オンライン面接
 
②「ゲストとして参加」をクリックします
 ※Microsoftアカウントをお持ちの場合は、「サインインして参加」をクリック
Microsoft Teams オンライン面接
 
 
④名前を入力し、「会議に参加」をクリックします
 ※入力した名前は会議中の表示名となります
Microsoft Teams オンライン面接

 

 

⑤待機状態になります(主催者からの参加許可待ち)

 ※主催者の設定によって待機状態にならず、直接会議に参加する場合もあります

Microsoft Teams オンライン面接
 
 
⑥会議に参加します
 
Microsoft Teams オンライン面接
 
 
⑩会議終了時や退席する場合は、受話器マークをクリックします

 

Microsoft Teams オンライン面接

参加者名を変更したい場合

※Microsoft 365ユーザー向け
ブラウザから会議に参加する場合、参加者名(ユーザー名)を変更することができます
 
 1.会議のURLをメモ帳などにコピーします
 2.Microsoft 365からサインアウトします
 3.ブラウザを起動し、URLを入力します
 4.「Microsoft Teamsを開きますか?」のメッセージを【キャンセル】で閉じます
 5.画面内の【このブラウザーで続ける】をクリックします
 6.ブラウザでTeams会議の画面が起動するので、名前欄には”匿名”など任意の表示名を入力します
 7.会議に参加します(あるいは、主催者の許可がおりるまで待機)
 
※Teamsアプリはサインインが必要なため、当該方法は行えません

Teamsをもっと知りたい!

ビジネスベーシックスタジオ(オンライン研修)

 
 

お問い合わせ

お問い合わせ
TOPへ戻る