本文へ移動

Office 365 日記

Microsoft Teamsのスレッドに投稿するときファイル添付してますか?

2019-02-19
カテゴリ:Microsoft Teams
Microsoft Teamsでメッセージを投稿するときにファイルも添付ができると以前のブログでも解説しましたね。
 
最近、Office 365のFAQ的なマニュアルを作っていて、ふと思ったのです。
「添付した元ファイルの場所とか名前とかを変更したらどうなるのだろうか?」と。

 
Windowsのエクスプローラーとかのパスを貼って社内で共有とかしたときに、ファイルの保存場所とか名前を変えちゃうとエラーになって開けなくなりますよね?
 
Microsoft Teamsもそのあたりは同じなのかなと思って、確認してみました。
(本当は結構前に気になって試してたのですが、記事にするのが今になりました。。)

 

■ファイルの名前を変えてみる。
Excelファイルが添付されているスレッドがあります。
ここに添付されている【資料】という名前のファイル名を全然違う名前に変えてみたらどうなるのでしょう。
office 365 teams

ファイル名を【実験】というファイル名に変更しました。

しかし、スレッドに添付されているファイル名は【資料】のままですが、、、開くことが出来ました!

プレビューで表示されるタイトルも【資料】のままですが、Excel OnlineやExcelで開き、編集モードにするとファイル名はしっかりと変更後のファイル名になっています。
office 365 teams
office 365 teams
 
 
■ファイルを別のフォルダに移動してみる。
【資料保管用】というフォルダに保存されていた【資料】ファイルを外に移動してみました。

当然、スレッド上では移動されていることは確認できません。
office 365 teams
こちらも開いてみると普通に開けた!

どうやらスレッドに貼られたリンクに関しては、ファイル名やフォルダの保存場所が変更されても有効になったままのようです。

Microsoft Teamsで業務を行う特性上、共同編集や共有する際にファイル名を変更したり、保存場所を変えたりする事はあると思いますので、それを考慮した仕様になっているのかもしれませんね。

とはいえ、ファイル名や保存場所を変更したときは、スレッド上で一言お知らせしてあげるのが親切ですね。

次回はMicrosoft Teamsのビデオ会議(テレビ会議)、Web会議や通話会議(電話会議)についてご紹介します。


 
執筆者:田口 悠一朗 / プロダクトイノベーションチーム

Microsoft Teamsをはじめ、各Office 365アプリケーションの使い方マニュアル作成を大手企業を中心に行い、各企業に合った使い方を細かくヒアリングし、常に使用者目線での作成を心がけている。
食べ歩きと焼酎が好き。

 
 
     
Microsoft Teams ナレッジマニュアル

ナレッジマニュアルでは、基本的な操作方法に加えて「これが使えるとさらに便利」「最新機能」の説明が追加されています。

ご契約いただくと、新機能追加や画面変更時などTeamsのアップデートに合わせて、いつでも最新の状態でマニュアルをご利用いただけます。

Office 365のアップデートに合わせて常に最新なTeamsナレッジマニュアルをぜひご利用ください。

◎Teamsナレッジマニュアルの詳細はこちら
 

 
Microsoft Teams トレーニング

Microsoft Teamsの企業への利用定着の教育を早い段階から実施している当社の経験と知見から、最低限、不可欠であるコンテンツ(社内定着のためのコンサルティング / Teamsマニュアルの提供 / 実機によるトレーニング研修)をパッケージングしたサービスです。

◎Teams トレーニングの詳細はこちら
 
 
 
KAN YouTubeチャンネル
 

 
お問い合わせ
 
 
 
 
 
 
関連記事

★KAN YouTubeチャンネル★
Teams会議 背景変更してみよう!

TOPへ戻る