本文へ移動

Office 365 日記

Microsoft Teamsのスレッドに投稿するときファイル添付してますか?

2019-02-19
カテゴリ:Microsoft Teams
Teamsでメッセージを投稿するときにファイルも添付ができると以前のブログでも書きましたね。
 
最近、Office 365のFAQ的なマニュアルを作っていて、ふと思ったのです。
「添付した元ファイルの場所とか名前とかを変更したらどうなるのだろうか?」と。
 
Windowsのエクスプローラーとかのパスを貼って社内で共有とかしたときに、ファイルの保存場所とか名前を変えちゃうとエラーになって開けなくなりますよね?
 
Teamsもそのあたりは同じなのかなと思って、確認してみました。
(本当は結構前に気になって試してたのですが、記事にするのが今になりました。。)
 

■ファイルの名前を変えてみる。
Excelファイルが添付されているスレッドがあります。
ここに添付されている【資料】という名前のファイル名を全然違う名前に変えてみたらどうなるのでしょう。
office 365 teams
ファイル名を【実験】というファイル名に変更しました。

しかし、スレッドに添付されているファイル名は【資料】のままですが、、、開くことが出来ました!

プレビューで表示されるタイトルも【資料】のままですが、Excel OnlineやExcelで開き、編集モードにするとファイル名はしっかりと変更後のファイル名になっています。
office 365 teams
office 365 teams
 
 
■ファイルを別のフォルダに移動してみる。
【資料保管用】というフォルダに保存されていた【資料】ファイルを外に移動してみました。

当然、スレッド上では移動されていることは確認できません。
office 365 teams
こちらも開いてみると普通に開けた!

どうやらスレッドに貼られたリンクに関しては、ファイル名やフォルダの保存場所が変更されても有効になったままのようです。
 
Teamsで業務を行う特性上、共同編集や共有する際にファイル名を変更したり、保存場所を変えたりする事はあると思いますので、それを考慮した仕様になっているのかもしれませんね。
 
とはいえ、ファイル名や保存場所を変更したときは、スレッド上で一言お知らせしてあげるのが親切ですね。



ナレッジマニュアル for Office 365
1ユーザー100円から。 ナレッジマニュアルは、 Microsoft Office 365 の操作方法だけでなく、Office 365を活用した働き方改革、コミュニケーション改革を推進する企業様の導入・運用時の課題を解決が可能な教育コンテンツです。
 
ITリテラシーレベルが異なるユーザーのシステムへの苦手意識を緩和し、システム管理者のマニュアル作成・クラウドシステムのアップデートにおけるシステム管理部門の更新の負担を軽減します。
 
常に最新の Office 365 ユーザーマニュアルを利用することで、システム導入の効果を最大限に発揮することができます。
 
◎詳細はこちらをご覧ください。





お問い合わせ
ご要望に合わせたクラウド導入を実現するためヒアリングも行っております。
Microsoft TeamsをはじめとしたOffice 365の研修やマニュアル作成などはお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
 
 
執筆者:田口 悠一朗 (株式会社KAN / 企画運営部)

Microsoft Teamsをはじめ、各Office 365アプリケーションの使い方マニュアル作成を大手企業を中心に行い、各企業に合った使い方を細かくヒアリングし、常に使用者目線での作成を心がけている。
食べ歩きと焼酎が好き。
 
 
 
 
関連記事

TOPへ戻る