本文へ移動

Office 365 日記

スケジュールアシスタントを使ってみよう

2019-04-10
カテゴリ:Office365
桜も咲き乱れていましたが、そろそろ葉桜になってしまう季節です。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 
私は暖かい日も増えてきたし、ぽかぽか陽気の中で公園のベンチとかで仕事したいなーと日々思いながら、ブログ書いてみたり、マニュアルを作ってみたりしております。
 
さて、4月になって組織が変わったり、業務が変わったりしてもなくならないのが会議。
数人の社内会議ですら日程調整するの大変じゃないですか?
 
特にブラウザ版のOutlookを使っている場合、予定表を見られる人数に限りがあったりして不便でしたよね。
 
でも、その不便さ解決しちゃってるかもしれません!
少し前にブラウザ版のOutlookが新しくなったとこちらのブログでも書きましたが、その時に【スケジュールアシスタント】が機能として追加されました。
 
既に、これに気づいている方も多いかと思いますが、便利ですよね。
Outlookのデスクトップアプリにはずいぶん前からある機能ですが、やっとブラウザ版にも実装されてうれしい限りです。

 
スケジュールアシスタントを使ってみよう

予定表の新規作成画面を開くと、「スケジュールアシスタント」というメニューがあるのでクリックしてください。
スケジュールアシスタントが開きます。↓↓
Outlook
 
会議の参加者と会議室を入力するとそれぞれのスケジュールが一覧で見れて、空いている時間が一目で確認できます。
 
予定を入れたい時間帯を選択して「完了」すればOK!
設定画面はすべて入力された状態でになるので、あとはコメント入れて「送信」すれば設定完了です。
Outlook
ブラウザ版では、わりと面倒だったスケジュール設定も、これでかなり楽になるのではないでしょうか。
 
まだ使ったことがないという方は、一度試してみてくださいね!
 
働き方改革の下での組織運営には、全従業員が効率的な働き方を身につけなければなりません。そのためには、適切なクラウドの活用が重要です。
 
 
また、ご要望に合わせたクラウド導入を実現するためヒアリングも行っております。
Microsoft TeamsをはじめとしたOffice 365の研修やマニュアル作成などはお気軽にお問い合わせください。






関連記事

 
TOPへ戻る