本文へ移動

Office 365 日記

Microsoft Teams 会議、自分の画面と相手の画面で「カメラの映像が違う」?

2020-07-10
カテゴリ:Office 365,Microsoft Teams
先日、会議の最中に、ちょっと面白いことが起こりました。
 
「背景画像に文字を入れたんだけど、反転しちゃう。どうしたらいいの???」
 
見ているほうは、「え、反転してないですよ」「ちゃんと読めてる」と言ってるんですが、本人は「いやまって、反転してる。どうして?」状態。
よくよく確認したところ、会議中に画面右下に出ている自分の映像が反転(鏡面)になっていて、文字が正しく読めなくなっていたのです。
これは背景画像変更時のプレビューも同じ。
でも実際にその映像が送られている先、会議の相手には、反転せずに普通に見えているんです。つまり、自分の画面と相手の画面に出ている「自分の映像」が異なっているわけですね。
皆さんは気付いていたでしょうか?
 
実は私、この現象には割と使い始めの頃前から気づいていたのですが、インカメだから自分で見たら鏡面になるよねー、とあたり前の現象だと思い、特に不思議にも思わずスルーしていたんです。
しかし今回、背景に文字を入れて初めて自分の映像が反転していることに気づいた人だけでなく、他のメンバーもあちこちで「え、そうだったの!?」となり、私は私で、「どうしてこうなるかわからなくて困ってしまう人もいる事象だったんだ、知ってたんだから教えてあげるべきだったんだ」と、みんなでヘウレーカ状態。
しかし私がすぐ気付けたのは、髪の分け目とか、あとは顔面が左右非対称だからか(悲)

それにしても、自分ではあたり前だと不思議に思わなかったことが、他の人は不思議だったり知らなかったりということは、けっこう身近に起こっているのだなと気づかされた出来事でした。

Teams 、 他にもこんなことがいろいろとあるのかもしれません。かなり様々な機能や使い方がありますから。
これからはちょっとしたことでも、「普通普通、みんな知ってるでしょ」と思わずに、「これ、みんな知ってるのかな?」「気づいていたかな?」と疑問に思って確認していこうと思った次第です。

ちょっとしたことでも、気づいたらみんなにシェアしてあげること。
そうすることが、認識の統一とリテラシーの向上につながります。

<今日のおさらい>
・会議中、自分の画面に映っている「自分」と、会議相手の画面に映っている「自分」の映像は異なる(自分だけ鏡面)

背景に文字や、会社のロゴなどのマークやアイコンを入れようとしている方。
背景プレビューや右下のインカメ画面は、他の参加者に見えている画面とは鏡面になっていますので、事前確認時に焦らないようご注意を。
背景をわざわざ鏡面で作ったら、きちんと見えているのは自分だけで、他に人には「???」な状態になっているなんてことも。
もし不安であれば、事前に誰かに協力してもらって、相手の画面に正しく表示されているかどうか見てもらう、あるいは、 Teams アカウント以外のメールアドレスを会議にゲスト招待して、スマホで確認してみるなんて言うのもいいかもしれません。
オンライン参加型の研修「ビジネスベーシックスタジオ - 仕事のキホン -」では、基本的な使い方から、ちょっと便利な使い方や小ネタまで色々織り交ぜお届け中です。今回の話のように、これなんだろう? どうして? といったちょっとした疑問にも、できる限りお答えします。

執筆者:
三輪 綾子

働き方改革に向けたツールの利活用など、企業向けコンサル研修講師を主に担当。
講師やインストラクターを希望して就職したことはないのに、過去所属した会社すべてで、なぜか最終的にセミナー講師やインストラクター業に辿り着く。


 


従来型の「講義中心の研修」や「録画された動画をeラーニングとして視聴する」というスタイルではなく、講師と双方向にやり取りをすることで、 Teams の使い方やコミュニケーションの取り方を実践的に学ぶことができます。

 
 
 
 
 
関連記事
TOPへ戻る