本文へ移動

みやすい解析 お役立ち情報

Vol.6 「組織名分析」の活用事例

2019-06-17
カテゴリ:みやすい解析
みやすい解析をご利用の皆様、こんにちは。

みやすい解析はシンプルなレポート画面と、AIによって自動的にサイトの問題点を発見し、改善アドバイス内容を表示する機能も搭載した簡単・便利なWeb解析ツールです。

今回はみやすい解析の活用方法として、組織名と流入数、セッション数を組み合わせた活用事例をご紹介したいと思います。

みやすい解析の特徴として、組織名分析があります。
レポートの表示手順は下記の画像をご参照ください。
みやすい解析
 
 
組織名分析を行うことで、どの企業がどのくらいのサイトにアクセスしているのか分析することができる便利な機能です。

今回はその活用事例として、実際に弊社で行っている分析手法をご紹介したいと思います。
みやすい解析
 
 
組織名分析の最大の利点は、今営業がアプローチを行っている取引先のアクセス状況を把握することができることです。

弊社ではアプローチを行っている企業のアクセス状況を週次、月次で比較して訪問回数の増減を確認するようにしています。

営業がアプローチを行ったタイミングでちゃんと数値が増えているのか、もしくは数値が減っている場合は追加のアプローチを行うことで、受注確度を上げるようにしています。

 
みやすい解析では週次、月次でデータを並べて表示する機能が存在しないため、データはCSVでエクスポートして、エクセルで処理しています。

お客様の名前をキーにしてvlookup関数などを利用して、データを集計しましょう。
 
さらにみやすい解析には、インバウンドセールスに適したメールマーケティング機能「メールソナー」も搭載されています。

「メールソナー」を利用することで、送付したメールの宛先ごとに反応があったのか、またサイト内でどのように動いたのかを分析することができますので、その企業がどこに興味関心があるのか把握することができます。
それらの解析結果から、より精度の高い営業戦略立案が可能です。
その他にも不明な点があれば、サポートに問い合わせ頂ければと思います。
 
 
 
 
関連記事

 
TOPへ戻る