本文へ移動

ワーキングマザーのテレワーク事情

突如現れた救世主的な制度「テレワーク」

2020-02-25
カテゴリ:ワーキングマザーのテレワーク事情
ワーキングマザーのテレワーク事情
皆さま、こんにちは。
株式会社 環(KAN)で働いています「たつはは」です。

保育園に息子を預けながら勤務し、はや5年・・・
家事と育児と仕事で、毎日がバタバタと過ぎて行きます。
平日は、「自分の時間って何?」「なんで毎日走っているの?」と思いながら駆け抜けていくばかり。。

そこに突如現れた救世主的な制度「テレワーク」←ちょっと大げさ

 
でも、本当に変わったんです!

通勤時間が無くなっただけで!

気持ちに余裕が!

何が違うか?についての内容は、次回からご紹介しようと思いますが
テレワークって、制度だけではなく「システム」「ルール」「周りの人の協力・理解」が胆じゃないかと個人的には感じています。

不定期更新になると思いますが、これからよろしくお願いします。
 


執筆者:
たつはは(ビジネスプロモーション部)

6歳男児の母
朝起きてから夜寝るまで常に小走りで生活を送っている。
目下の課題は息子の小学校入学による「小1の壁」
テレワークで乗り切れるか?!



 


従来型の「講義中心の研修」や「録画された動画をeラーニングとして視聴する」というスタイルではなく、講師と双方向にやり取りをすることで、 Teams の使い方やコミュニケーションの取り方を実践的に学ぶことができます。

 
 
 
 
 
関連記事
TOPへ戻る