本文へ移動

Office 365 日記

Microsoft TeamsでPlannerを使って簡単タスク管理

2019-04-17
カテゴリ:Microsoft Teams
新年度も始まりしばらく経ちましたがいかがお過ごしですか?

この時期は、ルーチンワークはもちろん、新しい業務を覚えたり、新入社員や新メンバーへの教育など、様々なタスクが重なりうっかりミスが多くなるようなことはありませんか?

そこで今回はタスク管理ツールのPlannerの機能をご紹介します。
 
以前にもここのブログで書いていますが、より詳しい使い方を説明します。

【Microsoft Planner】とはOffice 365で利用できるタスク管理ツールです。

Plannerはもちろん単独でも利用できるツールですが、Teamsと連携させて利用することができます。
 
各チャンネルのタブに追加することができるので、チャネルのメンバーとタスクを共有できるのも良いですね。
Microsoft Teams Planner
office 365 Microsoft Teams Planner
■タブに追加する

チャネル画面上部の「+」をクリックします。
追加できるツールの一覧が表示されますので、「Planner」を選択します。

これでタブへの追加は完了です。
office 365 Microsoft Teams Planner
■タスクを登録する
タスクのタブを選択するとPlannerの画面に移行します。
「タスクの追加(+)」をクリックすると作成画面が表示されます。
office 365 Microsoft Teams Planner
タスクの名前を設定し、期限の設定、担当者の割り当てを行い、[タスクの追加]をクリックします。

タスクが追加されました。

追加されたタスクをクリックすると詳細設定の画面が表示されます。
チェックリストを作成できるので、タスクを細かく設定して、管理することができます。
office 365 Microsoft Teams Planner
■進捗管理
タスクと共にリマインドメールの設定がされます。
 
期限が近いタスクや、期限切れのタスクもメールで通知が来ますので、うっかりタスクを忘れるということを防止できます。
office 365 Microsoft Teams Planner
また、Plannerの画面上でも進捗状況は確認をすることができます。
 
「グループ化」のプルダウンから表示方法を切り替えることができ、担当者ごとや進捗状況ごとに表示を切り替えることができます。
現在進行中のタスクや期限を迎えているタスクを一覧で確認することができるので、自分のタスクだけではなく、メンバーの状況なども確認して作業を進めていくことができますね。

TeamsでPlannerを使いこなして、作業の効率化を目指してください!
 
 
働き方改革の下での組織運営には、全従業員が効率的な働き方を身につけなければなりません。そのためには、適切なクラウドの活用が重要です。

 
また、ご要望に合わせたクラウド導入を実現するためヒアリングも行っております。
Microsoft TeamsをはじめとしたOffice 365の研修やマニュアル作成などはお気軽にお問い合わせください。





関連記事

TOPへ戻る