本文へ移動

Office 365 日記

新しくなったMicrosoft Teamsの予定表の使い方

2019-09-27
カテゴリ:Microsoft Teams
毎年夏になると、「夏ってこんなに暑かったっけ?」て思います。
今年の夏もとても暑かったですが、あっという間に秋の気配がしてきましたね。
 
久しぶりのブログもMicrosoft Teamsの話題です。
 
ずっと書こうと思っていたのですが、Microsoft Teamsの予定表が使いやすくなりましたよね。
以前は[会議]というメニュー名だったのですが、いつからか[予定表]という名前に変わりました。
(いつ変わったか覚えてない。。。)

 
メニューの[予定表]をクリックするとカレンダーが大きく表示されます。
Outlookの予定表と連携しているので、自分の予定をMicrosoft Teamsから確認できますし、操作もOutlookと同じような感じ利用することができます。

 
表示期間も変更できるし、使い方がOutlookと同じなので迷うことなく使えますね。
Microsoft Teams 予定表
1.予定表全体
Microsoft Teams 予定表
2.表示期間
■予定を登録する
会議依頼だけでなく、個人的な予定もOutlook同様に登録を行うことができます。
画面右上の[+新しい会議]をクリックするか、予定を設定したい時間帯をクリックすることで設定画面が表示されます。

あとは、Outlookの予定表と同じように件名や時間帯、コメントなどを入力して[スケジュール設定]をクリックするだけです。
Microsoft Teams 予定表
3.予定登録
■Teams会議を登録する
Teams会議での会議依頼の方法も、操作方法は一緒です。
予定の設定画面の右側から参加者を追加して登録すれば完了です。
参加者には依頼の通知がメールで届きます。
※画像4

参加方法はとても簡単。
会議の時間になると予定表上に[参加]のボタンが表示されるので、クリックするだけ。

簡単!!
※画像5

他には予定の詳細画面を開いて[参加]ボタンをクリックすることでも参加はできます。
※画像6

 
Microsoft Teams 予定表
4.Teams会議依頼
Microsoft Teams 予定表
5.Teams会議参加_予定表から
Microsoft Teams 予定表
6.Teams会議参加
■予定の設定画面にある[会議をするチャネルを選択]とはなんでしょう?
[会議をするチャネルを選択]を選択して予定を登録すると、チャネルに会議予定が投稿され、チャネルに所属するメンバー全員が、その会議に参加することができるようになります。
※画像7、画像8
 
参加方法は、投稿されたスレッドをクリックして会議の詳細画面から[参加]をクリックするだけです。

簡単!!
※画像9
Microsoft Teams 予定表
7.チャネルで会議設定
Microsoft Teams 予定表
8.チャネルで会議設定_スレッドに投稿
Microsoft Teams 予定表
9.チャネルで会議設定_参加
ちなみに、予定を登録せずに、すぐにTeams会議を開きたい場合は[会議を開始]ボタンをクリックしてメンバーを招待すれば、Teams会議を開始することができます。

これも簡単!!

Outlookの予定表のように他のメンバーの予定を確認することはできませんが、自分の予定や会議設定などはTeamsからできるし、なにより見慣れた画面になったので使い勝手がよくなった気がします!

みなさんも、Teamsの予定表を活用してみてください!


執筆者:田口 悠一朗 (株式会社KAN / 企画運営部)

Microsoft Teamsをはじめ、各Office 365アプリケーションの使い方マニュアル作成を大手企業を中心に行い、各企業に合った使い方を細かくヒアリングし、常に使用者目線での作成を心がけている。
食べ歩きと焼酎が好き。



Microsoft Teams 資料 無料ダウンロード

  • Microsoft Teamsを導入したい
  • Microsoft Teamsを導入したが活用しきれていない
  • 名前くらいは知っているけど、どういうものかイマイチわかっていない

など、Microsoft Teamsを知りたい企業様向けに、無料資料をダウンロードできます。

 



Office 365 ツールトレーニング/研修




ナレッジマニュアル for Office 365
1ユーザー100円から。 ナレッジマニュアルは、 Microsoft Office 365 の操作方法だけでなく、Office 365を活用した働き方改革、コミュニケーション改革を推進する企業様の導入・運用時の課題を解決が可能な教育コンテンツです。
 
ITリテラシーレベルが異なるユーザーのシステムへの苦手意識を緩和し、システム管理者のマニュアル作成・クラウドシステムのアップデートにおけるシステム管理部門の更新の負担を軽減します。
 
常に最新の Office 365 ユーザーマニュアルを利用することで、システム導入の効果を最大限に発揮することができます。

 



お問い合わせ
ご要望に合わせたクラウド導入を実現するためヒアリングも行っております。
Microsoft TeamsをはじめとしたOffice 365の研修やマニュアル作成などはお気軽にお問い合わせください。





関連記事
TOPへ戻る