本文へ移動

ワーキングマザーのテレワーク事情

在宅勤務・テレワーク向け Microsoft Teamsナレッジマニュアル

2020-03-10
カテゴリ:ワーキングマザーのテレワーク事情
皆さま、こんにちは。たつははです。
 
重いニュースが続き、閉塞感が漂う毎日・・・
それでも、仕事も育児も家事もしなくてはならない・・・
皆さま本当にお疲れ様でございます!
 
明日の3/11は東日本大震災から9年を迎える日です。
あの震災後もしばらく余震が続いたため、自宅待機が会社より発動されました。
今のようにテレワークの環境も無く、ただただ自宅で待機するだけ。
ニュースを見ながら、不安が押し寄せてきたのを今でも思い出します。
私はその時はまだ子どもが生まれていませんでしたが、きっと子どもをもつ親御さんの心配は計り知れないものだったかと想像します。
 
今は、テレワークで仕事もほぼ通常運転が出来ていますしテレビ会議で、顔も声も繋がるで孤独感を抱くことはありません。
有難い仕組みだとつくづく実感しています。
 
我が社では、3月いっぱいテレワーク勤務が推奨されることになりました。
今までテレワークに踏み切れなかった企業も今回の件をきっかけに実施を始めた企業も増えています。
 
ただ、急な見切り発車してしまいテレワークのハードルに戸惑う方もいるのではないでしょうか?
 
今回、そのような方々の少しでもお役に立ちたいと弊社の「 Microsoft Teams ナレッジマニュアル(基本編)」を無償で提供することになりました!
在宅勤務・テレワーク向け Microsoft Teamsナレッジマニュアルの無償提供 始めました!
弊社は、以前より自社で Microsoft Teams を利用しテレワークを実施しているだけではなく多様な企業様に Microsoft Teams での利活用のトレーニングを提供してきています。
そのノウハウを盛り込んだ内容を多数掲載していますので、
皆さまのテレワークを推進する内容だと自負しています。

詳細は以下のページをご覧ください。
※配布終了いたしました(2020/4/30)

皆さまの業務に少しでもお役に立てれば幸いです。
お身体くれぐれもご自愛ください。
これ以上、事態が深刻化しないことを心から祈りたいと思います。

 

執筆者:
たつはは(ビジネスプロモーション部)

6歳男児の母
朝起きてから夜寝るまで常に小走りで生活を送っている。
目下の課題は息子の小学校入学による「小1の壁」
テレワークで乗り切れるか?!


 


従来型の「講義中心の研修」や「録画された動画をeラーニングとして視聴する」というスタイルではなく、講師と双方向にやり取りをすることで、 Teams の使い方やコミュニケーションの取り方を実践的に学ぶことができます。

 
 
 
 
 
関連記事
TOPへ戻る