本文へ移動

ワーキングマザーのテレワーク事情

テレワーク快調です

2020-06-26
カテゴリ:ワーキングマザーのテレワーク事情
皆さま、こんにちは。たつははです。
 
6月に入り、緊急事態宣言が解除された後も当社では「原則テレワーク」が継続されています。
3密の象徴(?)である朝の通勤電車に乗らなくていいのは、とても有難いことですね。
社員にもこのワークスタイルがすっかり定着しており、物理的な業務ストレスはほぼゼロのようです。
(精神的にテレワークが合わないという声はたまに聞こえてきますが・・・)

息子の小学校も入学式を無事終え、オンライン授業と登校授業の交互になっています。
そして、それぞれのメリットデメリットが見えてきました。
 
登校の日は、リアルな学校体験と授業を受けられ、学校探検で様々な発見をしているようです。
給食もとても美味しいと報告してくれました。
しかし、ソーシャルディスタンスをキープするため、常に先生に「TT 兄弟だよー!」と言われてなかなか近づいて勉強したり遊ぶことが出来ないようです。
もちろん、マスク着用なので顔も良く見えず暑い日は行き苦しいと言っています。
 
その点、Zoomでの授業は顔もばっちり見えて、表情も豊かになり、子ども達も生き生きとしてみえます。
お互いの宿題や作品もカメラを通して披露出来ますし、先生のプレゼンテーションも申し分ありません!
先日は、 Microsoft Forms を使って、子ども達にアンケート配布がされました。
子ども達は、自分の出席番号と選択肢のラジオボタンをクリックして即座に回答。
先生はそれをすぐにグラフにして、生徒たちに回答結果を見せながら説明を行ってくれました。
このような授業を受けている子ども達がどのような学習スタイルになっていくのか・・・
将来がとても楽しみです。
ワーキングマザーのテレワーク事情
皆さんの会社やお子様たちの生活にも少なからず変化が表れているのではないでしょうか?
そして、その変化に対応するのにもしかすると苦労や戸惑いがあるかもしれません。。

 
※KANでは、テレワーク等でも導入されている Microsoft Teams とビジネススキルを習得できるオンライン研修サービス「ビジネスベーシックスタジオ-仕事のキホン-」をスタート!
 
ただ単にテレビ会議システムの機能を研修で学ぶだけではなく、テレワークにおけるコミュニケーション・営業の「コツ」から会議の「仕切り方」まで豊富なラインナップを用意しています。
 
テレワークでの仕事の進め方にお悩みの方は、是非、ご検討ください。

皆さま、お身体くれぐれもご自愛ください。
 

執筆者:
たつはは(ビジネスプロモーション部)

6歳男児の母
朝起きてから夜寝るまで常に小走りで生活を送っている。
目下の課題は息子の小学校入学による「小1の壁」
テレワークで乗り切れるか?!



 

従来型の「講義中心の研修」や「録画された動画をeラーニングとして視聴する」というスタイルではなく、講師と双方向にやり取りをすることで、 Teams の使い方やコミュニケーションの取り方を実践的に学ぶことができます。

 
 
 
 
 
関連記事
TOPへ戻る