本文へ移動

子育てママパパのテレワーク通信

「Power Automate」を活用した業務効率化

2021-10-05
カテゴリ:ワーキングマザーのテレワーク事情
ワーキングマザーのテレワーク事情
みなさん、こんにちは。みーパパです。

先月、娘が産まれた新米パパです。

コロナの影響で在宅ワーク中心、業務中に子供の泣き声も気になる今日この頃です。

1日のルーティンも大きく変わり、仕事が終わると
娘の沐浴→夕食(片付け)→授乳サポート→子供の寝かしつけ→妻の弾丸トークに付き合う・・・
家庭内の業務量も増え、てんてこ舞いの毎日を送っています。

今までは差し込み業務が入っても1時間残業すればOKって感じで、業務効率化を大切だとわかっていてもなかなか見直せないでいました。
1人でできることも限られますし・・・なんて(心の声)

しかーし、そんな事も言ってられない状況になってきました。
毎日、時間を取られる業務はなんだろう・・・
考えた結果、私の場合はメールの確認作業でした。

確認するメールボックスがとても多いのです!
自分のメールアドレス(3つ)サポート(3つ)問い合わせ(2つ)
合計、8つを切り替えて見る・・・
これを何とかしたい! 

まずは、ダメ元で、
メンバー間の会議で、カクカクシカジカで困っている事を伝えると、Cさんが・・・以下、会話形式で!

Cさん
「それは、メールをTeamsで見れれば、解消されますか?」


え?それは解消されるけど、誰が確認してTeamsに転送してくれるの?

Cさん
Power Automateで自動的に転送できますよ!?


マジ?
そんなことできるの?
すぐできるの?

Cさん
はい、1時間もかからないです。


お願いいたします<(_ _)>
お願いいたします<(_ _)>
同時に頭にCMでよくきくあのフレーズが・・・
「早く、言ってよー」
Cさんからしたら、早く聞いてよーだよな(心の中の会話)

解決が難しい事だと思っていた私の悩みは、Teams+Outlook+Power Automate であっさりと解消され、先入観や思い込みを捨てて聞くって大事だなーと再認識できました。
(気軽に聞ける環境に感謝!)

最後に、Teamsにメールを自動転送させる方法を紹介したブログと、先入観や思い込みの対処方法の研修をご紹介します。


■受信メールを Teams に転送させる方法
【Power Automate でメールを見逃してしまう悩みを解決!】


■「Power Automate」のマニュアルサービスはこちら
ナレッジマニュアル
■誰もが持っている無意識の思い込みや、偏ったものの見方である「アンコンシャスバイアス」に気づき、その対処法を習得
【ビジネスベーシックスタジオ_コミュニケーションのキホン_アンコンシャスバイアス】

執筆者:みーパパ


 
 
関連記事
TOPへ戻る