本文へ移動

Office 365 日記

Microsoft Teams の検索機能を使って探し物の時間を短縮しよう!

2019-04-24
カテゴリ:Microsoft Teams
Microsoft Teams の利用が進むと会話が活発になって、コミュニケーションも円滑になるのは大変喜ばしいことですが、その反面、部署ごとにチームがあり、さらにプロジェクトごとにチャネルがあり、その中で交わされる情報の量が多すぎて、埋もれていってしまうという問題に直面していませんか??
 
 
.....してますよね?
 

保存してなかったあの情報はチャットで聞いたのだっけ?スレッド上の会話で見たんだっけ?という問題に直面したときは、サクっと検索で見つけてしまいましょう。
Teams の画面上部には検索ウィンドウが用意されています。
Microsoft Teams 検索
検索ウィンドウ
 
 
■会話やファイルを見つける
検索ウィンドウにキーワードを入力します。
検索結果は左側に一覧で表示されます。

入力したキーワードでヒットしすぎてしまう場合はフィルターをかけて検索結果を絞ってみましょう。
日付やチーム、チャネル名などで絞ることができます。

ファイルについては「ファイル」タブを選択するとキーワードが入力されているファイルが一覧で確認できます。
Microsoft Teams 検索
会話の検索
Microsoft Teams 検索
ファイルの検索
 
 
■チームやチャネルを見つける

いくつかのチームに参加していると、あのチャネルはどこのチームだったっけ?と迷ってしまうケースが起こりがちです。

そんな時は検索ウィンドウにチャネル名を入れて検索しましょう。
該当のチャネルの会話が表示されます。
Microsoft Teams 検索
チャネルの検索


■メンバーにサクッとショートメッセージを送る。
特定のメンバーへのプライベートなメッセージはチャットで送れるのですが、チャット画面を開いて履歴から見つけてとか、お気に入りから探してとかしなくても検索ウィンドウからメッセージが送れます。

「@メンバー名」と入力して検索すると、そのまま検索ウィンドウにメッセージを入力して送信できます。
メッセージの送信後はチャット画面に切り替わり、そのまま会話を続けることができるので、会話もスムーズに進められますね。

Teams は検索機能も充実しているので、活用してみてくださいね。
Microsoft Teams 検索
メンバーの検索
Microsoft Teams 検索
メッセージの送信
次回は Outlook の通知機能についてご紹介します!
 


執筆者:
田口 悠一朗  / プロダクトイノベーションチーム

Microsoft Teams をはじめ、各 Office 365 アプリケーションの使い方マニュアル作成を大手企業を中心に行い、各企業に合った使い方を細かくヒアリングし、常に使用者目線での作成を心がけている。

 


従来型の「講義中心の研修」や「録画された動画をeラーニングとして視聴する」というスタイルではなく、講師と双方向にやり取りをすることで、 Teams の使い方やコミュニケーションの取り方を実践的に学ぶことができます。

 
 
 
 
 
関連記事
TOPへ戻る