本文へ移動

Office 365 日記

Teams会議議事録の自動作成(トランスクリプション)機能の使い方

2021-09-29
カテゴリ:Office 365,Microsoft Teams
昨日のブログで、Teamsのライブ議事録(トランスクリプション)の機能について書きましたが、使い方の説明をしていませんでした!
ということで、改めてトランスクリプションの使い方についてです。

現在、会議中にレコーディングを実行すると、同時にトランスクリプションも実行されるようになっています。
また、レコーディングは行わずに、トランスクリプションだけを実行することもできます。

<レコーディングとトランスクリプションを同時に実行>
①会議画面の「…その他のオプション」をクリックし、「レコーディングを開始」をクリック
②会議の録画と文字起こしが同時に開始される

<トランスクリプションのみを実行>
①会議画面の「…その他のオプション」をクリックし、「トランスクリプションの開始」をクリック
②会議の文字起こしのいが開始される
トランスクリプションを開始する
レコーディングを開始すると自動的にトランスクリプションも開始されるので、レコーディングだけを実施したい場合は、実行後に「トランスクリプションの停止」をクリックします。
そうすると、レコーディングは継続された状態で、トランスクリプションだけが中止されます。
但し、レコーディングとトランスクリプションが同時に実行されている状態で「レコーディングの停止」を行うと、レコーディングとトランスクリプションの両方が中止され、トランスクリプションを残してレコーディングだけを終了することは現状できません。もしそうしたい場合は、いったん両方を停止してから、改めて「トランスクリプションの開始」を行います。

トランスクリプションを停止する
なお、会議の事前設定で「自動的にレコード」を設定している場合は、会議開始と同時にレコーディングも自動的に開始されますが、この場合はトランスクリプションは自動的には実行されません。

少し動きが複雑ですね。
あらかじめ、レコーディングとトランスクリプションを同時にしたいのか、どちらかだけをしたいのかでどのメニューを使うか決めておくといいかもしれませんね。

 執筆者:三輪 綾子

働き方改革に向けたツールの利活用など、企業向けコンサル研修講師を主に担当。
 過去には会計ソフトや海外金融機関ネットバンキングの使い方、海外投資のノウハウ、就職活動対策など、様々なセミナー、研修を経験。
  


従来型の「講義中心の研修」や「録画された動画をeラーニングとして視聴する」というスタイルではなく、講師と双方向にやり取りをすることで、 Teams の使い方やコミュニケーションの取り方を実践的に学ぶことができます。

 
 
 
 
関連記事
TOPへ戻る