本文へ移動

Office 365 日記

Microsoft Teamsでタスク管理をする

2019-02-13
カテゴリ:Microsoft Teams
Microsoft Teamsでの会話が活発になると、いろいろなプロジェクトの話も参加しているチャネルで並行して行われるようになります。
 
何をいつまでに行うなど、チームメンバーのタスクや自分のタスクが分からなくなってしまうことがあります。
 
 
タスク管理がしたいです。

Office 365ではPlannerというタスク管理のアプリがあります。
 
このPlannerでは各プロジェクトごとや、自分のToDoごとにプランを作成してスケジュール管理することができ、タスクごとに細かく管理をすることが出来るアプリです。
Planner
Planner
せっかくなのでMicrosoft Teamsでプロジェクト管理がしたいのですが…

初回のブログで述べたようにMicrosoft Teamsは 「Office 365のすべてをまとめ、チームワークを遂行する上でチャットベースのハブをもたらし、よりオープンで、スムーズで、デジタルな環境を創り出す機会を提供する」 アプリです。
 
もちろん、Plannerとも連携しています。
 
各チャネルを開く所上記のメニュータブに [+(タブを追加)] ボタンがあります。

こちらをクリックするとMicrosoft Teamsに連携できるアプリが一覧で表示されるので、そこからPlannerを選択するだけ。
 
タブに設定するとMicrosoft Teams上でPlannerの機能を利用することが出来ます。
 
Plannerは各チャネルごとに設定することができるので、自分の所属しているチャネルごとにそれぞれでタスクを確認することが出来るので管理が煩雑にならず、タスクの漏れや遅れをチーム全体で把握することができます。
 
ちなみにPlannerのアプリを単独で起動すると自分が設定されているタスク(Plannerではプランと呼びます)が、一覧で表示され、自分のタスクを確認することが出来ます。
 
Plannerの使い方はこちらの記事も読んでみてくださいね!
Microsoft TeamsでPlannerを使って簡単タスク管理
Microsoft Teams 資料 無料ダウンロード
  • Microsoft Teamsを導入したい
  • Microsoft Teamsを導入したが活用しきれていない
  • 名前くらいは知っているけど、どういうものかイマイチわかっていない
など、Microsoft Teamsを知りたい企業様向けに、無料資料をダウンロードできます。
 


 


ナレッジマニュアル for Office 365
1ユーザー100円から。 ナレッジマニュアルは、 Microsoft Office 365 の操作方法だけでなく、Office 365を活用した働き方改革、コミュニケーション改革を推進する企業様の導入・運用時の課題を解決が可能な教育コンテンツです。
 
ITリテラシーレベルが異なるユーザーのシステムへの苦手意識を緩和し、システム管理者のマニュアル作成・クラウドシステムのアップデートにおけるシステム管理部門の更新の負担を軽減します。
 
常に最新の Office 365 ユーザーマニュアルを利用することで、システム導入の効果を最大限に発揮することができます。
 
◎詳細はこちらをご覧ください。
 
 
 
お問い合わせ

ご要望に合わせたクラウド導入を実現するためヒアリングも行っております。
Microsoft TeamsをはじめとしたOffice 365の研修やマニュアル作成などはお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
 
執筆者:田口 悠一朗 (株式会社KAN / 企画運営部)

Microsoft Teamsをはじめ、各Office 365アプリケーションの使い方マニュアル作成を大手企業を中心に行い、各企業に合った使い方を細かくヒアリングし、常に使用者目線での作成を心がけている。
食べ歩きと焼酎が好き。
 
 
 
関連記事

TOPへ戻る