本文へ移動

Office 365 日記

Microsoft Teamsでタスク管理をする

2019-02-13
カテゴリ:Microsoft Teams
Teamsでの会話が活発になると、いろいろなプロジェクトの話も参加しているチャネルで並行して行われるようになります。
 
何をいつまでに行うなど、チームメンバーのタスクや自分のタスクが分からなくなってしまうことがあります。
 
 
タスク管理がしたいです。

Office 365ではPlannerというタスク管理のアプリがあります。
 
このPlannerでは各プロジェクトごとや、自分のToDoごとにプランを作成することができ、タスクごとに細かく管理をすることが出来るアプリです。
Planner
Planner
せっかくなのでTeamsで管理がしたいのですが。。。

初回のブログで述べたようにTeamsは 「Office 365のすべてをまとめ、チームワークを遂行する上でチャットベースのハブをもたらし、よりオープンで、スムーズで、デジタルな環境を創り出す機会を提供する」 アプリです。
 
もちろん、Plannerとも連携しています。
 
各チャネルを開く所上記のメニュータブに [+(タブを追加)] ボタンがあります。

こちらをクリックするとTeamsに連携できるアプリが一覧で表示されるので、そこからPlannerを選択するだけ。
 
タブに設定するとTeams上でPlannerの機能を利用することが出来ます。
 
Plannerは各チャネルごとに設定することができるので、自分の所属しているチャネルごとにそれぞれでタスクを確認することが出来るので管理が煩雑にならず、タスクの漏れや遅れをチーム全体で把握することができます。
 
ちなみにPlannerのアプリを単独で起動すると自分が設定されているタスク(Plannerではプランと呼びます)が、一覧で表示され、自分のタスクを確認することが出来ます。
 
 
 
働き方改革の下での組織運営には、全従業員が効率的な働き方を身につけなければなりません。
そのためには、適切なクラウドの活用が重要です。
利益アップのためのクラウド利活用教育やマニュアル作成を行うITリテラシー支援の詳細はこちら
 
 
また、ご要望に合わせたクラウド導入を実現するためヒアリングも行っております。
Microsoft TeamsをはじめとしたOffice 365の研修やマニュアル作成などはお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
 
関連記事

 
TOPへ戻る